読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月16日(火)四万十川

6:00 起床&朝食
7:00 出発
せっかくながらゆっくり来たいのだが、時間もなかったので、高知城を車窓から。

8:00 路面電車がたくさん走っているのだが、一番のツボはこれ、行き先が『ごめん』。電車が謝っているように見えて笑ってしまった。

ごめん拡大図↓

他にもアンパンマン電車など

9:30 道の駅 四万十大正
四万十川の上流の方にやってきた。車でも渡れるけど、結構ギリギリ

鮎釣りしている人がいた。
人は少なめ、先を急ぐことに。

10:30
お水はきれい。

で、やっぱり泳ぎだすんだけど


、珍しく雨が降りだした。鮎とはぜがたくさんいたけど、さすがに手づかみでは取れず(当たり前)
ということで、早々に切り上げて、川沿いに南下することに。

12:00 道の駅 とおわ
ランチ。地元の物を中心にチョイスしたらこうなった。

とまとぶんたんドリンクとロイヤルミルクティーとお茶のアイス。まぁ、一般的にはこれはランチとは言わないけど、美味しそうなものをチョイスしたらこうなったんだからシカタナイ。アイスはどちらも美味しく、ドリンクは濃厚で美味しかった。このころになるとすっかり晴れてきた。さっきの雨は通り雨だったようだ。
あ、このさつまあげ?あおさ天?がうまかった。

12:30 沈下橋をみに立ち寄ったら、鮎釣りのおじさんを発見。いろいろ教えてもらった。

黄色いケースの中には友釣り用の鮎がはいっているとかね。ちなみにこの橋も車で渡ることができる。

橋の真ん中でジャンプする娘。

それを撮影しているパパを撮った写真。

どこでも石を投げたがる娘。


この頃になると天気は良くなってきた。

このあたりの道は狭い。

途中で発見した沈下橋は真ん中がブチっと切れていた。

地元の子供達が遊んでた。こんなところでいつも遊べたら楽しいだろうね。なんか「ぼくのなつやすみ」の世界だよな。

13:40 もっと河口へ
川から飛び込む人。

遊覧船もある。このあたりだとかなり川幅も広く深い。

とても綺麗な色の川だな、おれも飛び込みたかったけど、ドライバーはこれ以上の体力消耗はやばいと思い始めていた。
正直、山の中はソフトバンクの電波は入らないところだらけ。地方はソフトバンクは無理というのを実感。

14:20 四万十川の河口へ
昔の中村市、今は四万十川市。ここまでくると川幅は驚くほど広くなるのだ。サンクス中村具同店で休憩して、先に進む。ここからはひたすら車に乗るだけなので、家族に申し訳ない。

15:30 南宇和といえばサッカー?
と全然関係ないことを書きつつ、ローソン愛南平城西店にてまた休憩。Wilkinsonコーラを飲んでみた。まぁ悪くはないね。
宿毛宇和島→西予→大洲→松山とほんとにただ走るだけ。海が見えているところはとても気分がいい。ほんとにひたすら走るだけ。

18:00 道後温泉
今日の宿はホテル椿舘。道後温泉本館から徒歩圏なので、一旦チェックインしてからお散歩に行くことにした。
10年ぶりに訪れた、道後温泉本館

やっぱり趣があっていいね。


とにかく熱かった記憶があり、このくそあつい中入る気にもならなかったので今回はパス。娘さんは大きくなったら、自分で入りに来てね。
ぼっちゃんのからくり時計。

市のボランティアの人なのかな?毎回、おいちゃんが説明してくれる。さて、温泉街に来たし何食べるかねーと言ってたら、娘はラーメンがいいと。えー、ここで?と思いつつも、午後はおとなしく車に乗ってた娘へのご褒美でラーメン。
思った以上には美味しかったのでラッキー。

20:00 ホテルに戻って温泉にはいる。やっぱり温泉はいいね〜。疲れた身体に染み入るね。ホテルの1Fで松山水軍の水軍太鼓をどどーんとやっていたので見物。

その後、おとなりの別館のホテルの温泉もいただいてきた。

22:00 就寝