読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意

悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

一言でいうと読みごたえあります。
前半部分、1/3で事件の全体像と犯人はほぼわかってしまいます。
焦点は動機。
ここからが東野圭吾の本領発揮。
刑事ものの主人公としては大好きな部類にはいる加賀刑事がいい味だしてます。このシリーズを3冊続けて読んだけど、時代を感じさせない推理小説の楽しさがあります。
これはオススメだなぁ。

いじめであったり、人間の悪意について深くえぐってると思います。
疲れている時に読むと、ちょっとダークな部分にやられるかも。
深い。そして闇。

作家ってこんな感じなのかなぁ。
と思える作品でもあります。