読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月14日(日)今年も四国へ

毎年西に向かう時のルートはどうするか悩むのだが(ルートぎめは嫌いではない)、今年は直球勝負で東名高速へ。
2:40 牧之原SAでトイレ休憩。
道は渋滞はしてないけど、車は満車に近いくらいで混んでいた。
ここでは静岡茶コーラを購入。

コーラ強過ぎてお茶の味わからんっ!ここではシェルのスタンドで給油。このあとは一気にいけるところまで走る。名古屋は海際を抜けて、伊勢湾道路経由でいくのが早いようだ。
6:00 太陽の塔をみながら、渋滞にはまる。ここから1時間弱、渋滞区間だが、お盆の最中ということを考えれば、1時間なら耐えられる。
7:00 渋滞を抜けた所で休憩。西宮名塩SAにて。
朝ごはんはドトールで、抹茶黒蜜ラテとハニーラテ。

サンドイッチもいただいた。昔と比べてこういったコーヒーチェーン店がSAに入っててくれると朝も早いし、味もうまいので非常に助かる。
8:00 そのまま神戸を抜けて、淡路ハイウェイオアシスへ到着。ここに来たのは1年と10日ぶりだ。遠くに明石海峡大橋が見える。

天気もよかったので、お庭を散策。ここにはセミの抜け殻が大量にあり、毎年なんだか集めるのがお決まりになってる。
さすがにほぼ夜通し走っていたので、眠くなってきた。ちなみに、妻子は寝てたので元気。 仮眠するかとも思ったけどすでにかなり暑いので、先を急ぐことに。
9:40 鳴門大橋を渡って、徳島県に到着。川越から徳島まで10時間弱。

意外と近いと思った私は既に麻痺気味なのかも。下道を通って、鳴門公園へ

。満潮の時間にはまだもう少し時間があったのとちょうど日陰の駐車場に入れたので、1時間ほど仮眠。すぐに寝れる才能はこういう時には重宝する。
10:40 渦の道。
こんな感じの道をとって、鳴門大橋の下をてくてく歩いていける道。

ここに来たのは10年ぶり。まだ娘も生まれる前で二人で夏に旅行にきて以来。いつのまにか10年経っていたとは驚き。
下がガラスになっていて、渦をみることができる。高所恐怖症の人にはちょっと難しいかもしれないけど、よく見える。うちの娘は極端すぎる


こういう橋の幾何学的なのがずーっと続くのは好み。

遊覧船だと、こんな感じで渦の近くまでいける。

船がうずに飲み込まれて、変な動きをしてるのが見て取れるけど、乗ってるのは楽しいのかな?
ちなみに今日は阿波おどりの日なんだけど、さすがに宿もとれないし、徳島は滞在せずに香川に向けて移動する。

12:20 お昼ごはん。
宝暦三年創業の醤油屋さんがやってるうどん屋さん「かめびし屋」

生しょうゆうどん、もろみうどんうまい!

かわったうどんがあって、これも食べてみた。

ホタテ味とトマトガーリック味はどちらもうまかったのだが、ほとんどここまでくるとパスタである。食べたものはすべてうまかった。さらにデザートはこれ。もろみソフトクリームとしょうゆチョコ味のクリームソーダ。

お味は味噌ジェラートみたいでさっぱり系。
お腹いっぱいで幸せ気分を漫喫。


13:30 讃州井筒屋敷にて(東かがわ市) デザート

初体験、和三盆のカキ氷。和風甘党の極み!

これはたくさん、かき氷を食べてきたけど、長野県の穂高にあるアルプスの雪解け氷の宇治抹茶に匹敵するくらいのうまさ。これはやばい。かき氷ランキングトップ3に入る。たまたま近くを通りかかっただけで入ったのに、初日からいい出会いあり。

14:00 土砂降り。
晴れてたと思ったらいきなりのスコール。雷と共に。しばしコンビニで休憩し先に進む。めったに車で寝ない娘がさすがに疲れたのかお昼寝開始。

14:40 海
10年前に来た津田の松原海水浴場に顔を出してみるが雨はやまない。が、娘が目覚めると同時に雨があがる。(ちなみに娘は超晴れ女)。
海をみて、海に行きたいという娘。止める妻(母)。Go!と叫んで飛び出す私(父)。んー、どうなんだろねこのパパは。まぁできるだけ娘にはっちゃけさせたいのよということで。
さすがに、運転の疲れもあるので、娘だけが泳ぐことに。

ここは穏やかで波もあまりなく、太平洋の波に慣れている人にとってみれば物足りないくらいだけど、安心して遊べる。ちゃんと海水浴場なので監視員もいるし。魚みえたよー!と大喜び。

が、のほほーんとしてたら後で痛い目にあうことに。
しばらく楽しそうに泳いでいた娘、急に顔が痒いといいだした。なんだろうねーと言って、しばらく海で遊んでいた。まぁいい時間だしあがるかーと言っていたら、顔と肘が赤く腫れている!クラゲに刺されたのだ。ぷっくりと腫れていて、監視員のおっちゃんにクスリを塗ってもらった。ま、何事も経験だな。シャワーを浴びさせて、一路、さぬき市へ。

17:00 宿というかなんというか
まぁ、1週間前に急に休めることになって、お盆の真ん中に宿を取るってのがそもそも無理があるのは百も承知、なんとかとれた宿がこれ。

ええ、ホテルというよりもマンションというかアパートの一室?という感じですが、元々ワンルームマンションだったみたい。これはいろいろ泊まり歩いてる私も初のパターンだけど、衝撃的。でも親子3人で泊まって7000円と格安だったし、立地は悪くないので結果的には◎。場所は、香川県仲多度郡琴平町
でも、このホテルWi-Fiも入るしなにげに便利。やっぱり見た目じゃないね何事も。

17:30 晩飯はもちろん!
近くのお店をぐるなび食べログで検索して、近場でうまそうなお店をチェック。ここまで来たらもちろんうどん!。
手打ちうどん むさしへ。讃岐うどんなんだけど、カレーうどんが好評のお店。ひとつ頼んでみた。カレーはスパイシーで、デミグラスソースのように濃厚。それと、肉うどんとざるうどん。ざるうどんは打ちたてでコシがあってうまい! いやー、結構衝撃的なうまさでした。最もうまかったのは、肉うどん。この旅で肉うどんに目編めるのである。ちなみに、カレーうどんが濃厚で汁が残ったので、あとからおにぎり追加したのは内緒。あ、おでんもいくつかいただきました。


んまい!と肉うどんを汁まで完食した娘。顔の赤いのがクラゲに刺された跡で、ちょいとばかし痛々しいのである。

18:00 近所のスーパーをチェック
うどん屋さんのおとなりのマルナカ琴平店へ。必ず旅行に来たら地元のスーパーをチェックして地の物(野菜、肉、魚、惣菜)を見る。これが楽しい。今回の発見はこの魚。ちぼろ(かすご、チャリんこ)ってなんだ?鯛の稚魚かいな?

隣接する薬局で虫刺されのクスリを購入。薬剤師さんに相談したら、ムカデに刺された時に使うような強力なやつを勧められたので、そのまま購入。これを塗ったら見事に腫れがひいてきたので、結果的にはよかった。

20:00 早々と就寝。今日は二時間睡眠で800km運転したのでバテバテなのでとっとと寝るのである。