読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰日向に咲く

陰日向に咲く

陰日向に咲く

ご存知劇団ひとりのデビュー作。
おもしろいと評判だったので、今更ながら読んでみました。
つまらなくはないけど、人に勧めるほどのおもしろさもないかな。
ネタバレあるので嫌な人はここで止めてね。



読み終わっての感想が、伊坂幸太郎の作品の中でも大好きな「死神の精度」に似てるなってこと。
同じように短編から構成されているが実は時系列も含めて、一つにつながってること。
芯があるようで実は芯がないような作品に感じました。
映画にもなっているので、それなりに評価はされているようですが、本職の作家ではないかなと。
もちろんこれからうまくなるのかもしれないけど、現時点では普通の作家。
この本を読むなら間違いなく「死神の精度」をお勧めします。

☆☆☆